『フィーリングス・アー・ファクツ 〜イヴォンヌ・レイナーの生涯〜』


Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr
1. Open Screen shot (1)
© Jack Walsh

イヴォンヌ・レイナーについてのドキュメンタリー作品、『フィーリングス・アー・ファクツ 〜イヴォンヌ・レイナーの生涯〜』がダンサーとダンスでの「老い」をテーマにした京都造形芸術大学の共同研究プロジェクト「老いを巡るダンスドラマトゥルギー」の公開研究会において日本で初めて上映される。ポストモダンダンス、コンテンポラリーダンス、そしてダンスと映画/映像の関わりについて考える際にも重要な存在であるイヴォンヌ・レイナーは、2006年以来ダンスにおける「老い」を実験的なテーマとしてダンス作品を作り続けている。
ダンスにおける老い(エイジング)が、見る人によって変わるパフォーマティブな概念だと認識するようになった、と本イベントの企画者である中島那奈子氏は語る。「近年のダンスシーンでは、老いの問題に大きな注目が集まっていますが、これは少子高齢化というだけでなく、1960年代に活躍したレイナーらが、高齢になっても実験的なダンス作品を作り続けていることに理由があります。このプロジェクトでは、老いというテーマをどう新しいダンスへと作り上げていくことができるか、ドラマトゥルクの視点からその実践理論を探ります。」

これまでも独創的な衝撃的作品を生み出してきたベルギーのカンパニー、ピーピング・トムもまた、老人ホームを舞台にした『ファーザー』の来日ツアー中だ。踊る身体が老いていくこと、老いた身体が舞台の上で踊ること。あるいは、踊ることで老いの意味を問うこと…。議論ははじまったばかりかもしれない。

 

上映作品
 『フィーリングス・アー・ファクツ 〜イヴォンヌ・レイナーの生涯〜』
 (原題:Feelings Are Facts: The Life of Yvonne Rainer)
 2015年、 86分、 日本語字幕付
 監督:ジャック・ウォルシュ
 出演:イヴォンヌ・レイナー、スティーブ・パクストン、シモーネ・フォルティほか

 

開催概要
「老いを巡るダンスドラマトゥルギー」公開研究会
第1回 オーラルヒストリーから辿るイヴォンヌ・レイナー
開催日程:2017年3月4日(土)13:30〜17:00
会場: 京都造形芸術大学 芸術文化情報センター 映像ホール
研究会プログラム
第一部:『フィーリングス・アー・ファクツ 〜イヴォンヌ・レイナーの生涯〜』上映
第二部: 公開ディスカッション
登壇者:岡﨑乾二郎(造形作家・批評家)、古後奈緒子(ダンス批評・舞踊史研究/大阪大学文学研究科アート・メディア論)、中島那奈子(ダンス研究・ダンスドラマトゥルク)
料金:入場無料、要事前申込
申込方法等、詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。
http://www.k-pac.org/kyoten/guide/2016c2/

Related Posts

  • 記憶と心象風景 – Memory & Imagined Landscape記憶と心象風景 – Memory & Imagined Landscape 私たちの記憶は、どこから生まれて、どうやって忘却と創造を繰り返して、今、「記憶」と呼びたいものへとまとまっていくのだろうか。そんな「記憶」をキーワードとしたイベントが、SuperDeluxeで開催される。 ハンガリー・ブダペスト、セルビア・ヴォイヴォディナ自治州、ロンドンの現代の映画監督の短編上映と、ロンドン在住の映像作家・尾角典子とドラマー門奈昭英 (BO […] Posted in Information
  • 「第29回東京国際映画祭」開催! 「第29回東京国際映画祭」開催!  いよいよ10月25日に開幕する第29回東京国際映画祭。 今年の必見若手日本人監督作品といえば、コンペティションにノミネートしている『アズミ・ハルコは行方不明』(2016、松居大悟監督)。 これまで『アフロ田中』『ワンダフルワールドエンド』『私たちのハァハァ』など、30歳にして既に6本の長編作品を発表、テレビドラマや舞台などでも活躍目覚ましい松居大悟監督の新作と […] Posted in Information
  • 第9回恵比寿映像祭&TPAM2017第9回恵比寿映像祭&TPAM2017   2月10日に東京都写真美術館で開幕した第9回恵比寿映像祭、続けて開幕したTPAM(国際舞台芸術ミーティングin […] Posted in Information
  • 清水俊平監督『ふざけるんじゃねえよ』@ニッポンコネクション清水俊平監督『ふざけるんじゃねえよ』@ニッポンコネクション TKY2015参加作家の清水俊平さんの『ふざけるんじゃねえよ』が、ドイツの映画祭、ニッポンコネクションで上映されます! Shunpei Shimizu, TKY2015 participating artist, will be in person at the screening of "KIM" at Nippon […] Posted in News
  • 日本映画の現状を巡って-作り手から観客まで日本映画の現状を巡って-作り手から観客まで text by : 結城秀勇 2014年の邦画劇場公開本数は615本。戦後最大の本数である。 […] Posted in Essay
  • 『はなればなれに』100分版上映&トーク『はなればなれに』100分版上映&トーク TKY2015参加作家の下手大輔監督の『はなればなれに』の100分版がユーロスペースで5月8日までレイトショーで上映されています!  7日の上映終了後には、Happy […] Posted in News
  • フィンランドの鬼才アキ・カウリスマキ特集フィンランドの鬼才アキ・カウリスマキ特集 マッチ工場で働きながら母と義父を養うだけの退屈で孤独な日々を過ごす少女イリス。ある給料日、彼女は家賃に当てるはずの金でドレスを買ってしまう。母と義父にひどく叱られるものの、聞き入れずそのドレスを来てディスコへ向かう。そこで出会った男性と一夜を過ごすが…。人生のどん底に落ちた気分の彼女は自分を傷つけてきた者たちへの“復讐”を企てるのであった。 彼のほかの作品と同様 […] Posted in Review
  • 2014マティアス・ピニェイロ映画祭2014 / Retrospectiva de Matías Piñeiro 2014 マティアス・ピニェイロ映画祭を開催! Happy Tent is pleased to produce/coordinate Retrospective of Matías Piñeiro! Posted in News